yetnoneの日記

どこぞのPh.D. student。何をやっているかと聞かれると困る。

"腸に効く"アイスは可能か?(細菌の定着の観点から)

以前とある事情から少し調査した内容(と一部私見)。

  • 胃腸の温度を冷やすと、消化機能が低下するらしい。もしかしたら"腸内バリア機能"も?(要出典)
    • -> 細菌が定着しやすくなる可能性はある?

  • Ericsson, A., Personett, A., Turner, G., Dorfmeyer, R. & Franklin, C. Variable Colonization after Reciprocal Fecal Microbiota Transfer between Mice with Low and High Richness Microbiota. Frontiers Microbiol 8, (2017).
    • FMTにおいてfrozen sampleはfresh fecesと同様の効果があった
      • frozenの方が良いわけではない
    • FMTはそもそも最初に抗生物質で元々いる細菌叢を崩してから行うので、単なる細菌の経口摂取で効果があるかは不明
    • frozenだとサンプル調整が楽らしい
  • David, L. et al. Diet rapidly and reproducibly alters the human gut microbiome. Nature 505, 559–563 (2014).
    • 食事由来の細菌は長期的には細菌叢の変化をもたらさないが、当日などの短期的には遺伝子発現を含めて変化させる
      • 腸内で増えることは増えるが、どうやって定着させるかが結局は問題
  • Donaldson, G., Lee, S. & Mazmanian, S. Gut biogeography of the bacterial microbiota. Nat Rev Microbiol 14, 20–32 (2016).
    • どの菌種が増えるかはprebiotics (それぞれの菌種が必要とする栄養)に依存する
    • ヒト腸内細菌叢の形成においては、乳などによってprebioticsがコントロールされている
      • BifidobacteriumとBacteroidesが寡占的となる
    • ヒト腸内には菌種組成を安定に保つ何らかの機構が存在する
      • 部位ごとに局所的にそれぞれ栄養を制限することで菌種組成を制御している
      • 抗生物質などで菌種組成が崩れた時に元に戻すための、細菌の保管場所のようなものが存在する
      • それならば、FMTで菌種組成が変わるのはなぜ?抗生物質は一応組成を変えることは変えるということか?
  • Anselmo, A., McHugh, K., Webster, J., Langer, R. & Jaklenec, A. Layer‐by‐Layer Encapsulation of Probiotics for Delivery to the Microbiome. Adv Mater 28, 9486–9490 (2016).
    • 多糖類のカプセルで細菌を包むと腸に届くまでに死ににくい
      • そりゃそうだ
    • 1時間後の増殖率しか見ていないので、定着は無理だったか
  • Chassaing, B. et al. Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome. Nature 519, 92–96 (2015).
    • 乳化剤が炎症を起こす
      • アイスにも入っていることが多い
  • Roberfroid, M. Prebiotics: the concept revisited. The Journal of nutrition (2007).
    • prebiotics = (腸内の)細菌の増殖を促進させるもの
    • トランスガラクト−オリゴ糖やイヌリン
  • Sanders, M. & Marco, M. Food Formats for Effective Delivery of Probiotics. Food Sci Technology 1, 65–85 (2010).
    • prebiotics + probioticsが効果を促進する
  • Lourens-Hattingh, A. & Viljoen, B. Yogurt as probiotic carrier food. Int Dairy J 11, 1–17 (2001).
    • ヨーグルトだと酸に耐性のない菌は入れにくい
    • Bifidobacteriumの増殖には37度が最適
      • アイスだと当然だが真逆